道の駅「マイントピア別子」

もっと写真を見る
マイントピア別子(マイントピアべっし)は、愛媛県新居浜市の産業基盤の礎となった別子銅山の施設跡などを利用したテーマパーク。道の駅マイントピア別子を併設する。(出典:Wikipedia)
住所
愛媛県新居浜市
ルート
県道新居浜別子山線
設備
nnn38002nマイントピア別子nnnnnn道路名n愛媛県道47号新居浜別子山線nnn登録n第1回・1993年4月22日nnn開駅n不明nnn営業時間n9:00 - 18:00nnn所在地n〒792-0846n 愛媛県nnn新居浜市立川町707-3nnn外部リンクn新居浜市ホームページnnn国土交通省案内ページnnn 道の駅マイントピア別子n
    n
  • 駐車場n
      n
    • 普通車:381台
    • n
    • 大型車:13台
    • n
    • 身障者用:7台
    • n
    n
  • n
  • トイレn
      n
    • 男:大 12器(3器)、小 36器(11器)
    • n
    • 女:30器(10器)
    • n
    • 身障者用:3器(1器)
    • n
    nn※()内は、24時間利用可能nn
  • n
  • 公衆電話
  • n
n 端出場ゾーンnn温泉施設「ヘルシーランド別子」(別子温泉)や飲食・イベント施設などを備えた「端出場記念館」、銅山の様子を再現した「観光坑道」、物資や人を運んだ日本初の山岳鉄道を復元して記念館と観光坑道を結んで運行される「鉱山鉄道」、イベント広場などがあるマイントピア別子の中核。nnこの鉱山鉄道では対岸と約60度ずれたドイツハーコート社のトラス橋が用いられており、これも見所の1つである。nnnnn立川の集落を抜けたあたりにあり、道路と川を隔てた先の施設を結ぶ斜張橋「端出場大橋」が架かっているので直ぐに分かる。nn 東平ゾーンnn大正 - 昭和にかけて賑わった地区の生活のようすを模型や映像を使い紹介したり、銅にまつわる品々を展示する「東平歴史資料館」、かつての施設を活用して銅板レリーフなどを体験できる「マイン工房」、その他数々の産業遺跡が整備されている。また旧東平中学校跡地に「銅山の里自然の家」が建設されており、古の面影を残しながら豊かな自然に囲まれた中で宿泊研修が行える施設。nJR新居浜駅から別子山方面へ車で約40分。nn(出典:Wikipedia)

チェックイン中

  • さんどら[2022-11-06 19:48:28]
  • ピノ[2022-11-05 16:33:50]
  • はなけん[2022-11-05 14:16:31]
  • んこ[2022-09-08 13:39:16]
  • みじゅは氏[2022-09-08 10:49:16]
  • イースイバ[2022-09-07 22:26:08]
  • てつろう[2022-09-06 03:55:12]
  • ツカポン[2022-08-23 09:58:34]
  • ベガはベガでも…[2022-08-17 16:54:06]
  • ムサシ[2022-08-13 08:16:21]

PR

ページのトップへ戻る