道の駅「尾花沢」

もっと写真を見る
道の駅尾花沢(みちのえき おばなざわ)は、山形県尾花沢市の尾花沢新庄道路上に、2007年(平成19年)8月6日に開駅した道の駅。国道13号からもアクセス路を経由して利用できる。愛称は花笠の里 ねまる(はながさのさと ねまる)。(出典:Wikipedia)
住所
山形県尾花沢市
ルート
国道13号
設備
n
    n
  • 駐車場n
      n
    • 普通:56台
    • n
    • 大型:34台
    • n
    • 身体障害者用:2台
    • n
    n
  • n
  • トイレ (いずれも24時間利用可能)n
      n
    • 男:大 2器、小 7器
    • n
    • 女:13器
    • n
    • 身体障害者用:1器
    • n
    n
  • n
  • 公衆電話:1
  • n
  • 交通情報提供施設(24時間利用可)
  • n
  • 物産館
  • n
  • 特産販売所(産地直売所):各季節ごとに大規模物産市を開催する予定n
      n
    • 地元産の食材を作った「道弁」やどぶろくなどを販売。
    • n
    n
  • n
  • レストラン
  • n
  • パネル展示スペース:松尾芭蕉に関するもの
  • n
n

※ 駅施設の営業時間は、通常9時 - 19時。

n 施設概要n
    n
  • 敷地面積 - 15,000 m2
  • n
  • 床面積 - 556 m2
  • n
  • 総事業費 - 約7億4,000万円
  • n
n 名称の由来n

愛称に「花笠の里」が含まれるのは、同市が地元の踊りである花笠踊りの発祥地であることに由来する。また「ねまる」とは、尾花沢弁で「くつろぐ」を意味する。俳人松尾芭蕉は、奥の細道を辿る旅の途中、尾花沢に長期滞在し、この地で『涼しさを 我宿にして ねまる也』という句を残しており、そこから名付けられた。

n(出典:Wikipedia)

チェックイン中

  • kammy[2021-03-27 19:45:51]
  • ふもふも館長[2021-03-15 21:02:45]
  • 源壱急行[2021-03-13 21:08:38]
  • xlw01415[2020-12-28 18:46:31]
  • どこいく[2020-12-06 10:55:39]
  • いんど局長[2020-11-15 13:17:15]
  • あいちゃん[2020-10-25 11:53:21]
  • まっちー[2020-10-11 16:57:25]
  • オー・ルージュ[2020-09-22 22:42:17]
  • KANCHAN[2020-09-21 18:08:21]

道の駅尾花沢の写真

※「フォト蔵」で一般向けに公開許可されている画像のみを表示しています

PR

ページのトップへ戻る